産後の肥立ちが悪くならないための過ごし方、注意したい事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

出産前、しっかりと栄養を摂って安静に過ごして、赤ちゃんが生まれるのが楽しみでもあり、恐怖もあり、不安な毎日だったと思います。
そして、その時は出産が一つのゴールだったのではないでしょうか。
もちろん、母子ともに健康、これが一番ですが、気を付けたいのは産後の過ごし方の重要性です。

 

産後の肥立ち(ひだち)」という言葉がありますが、これは、出産後に元の体力まで回復する間の状態のことです。
産褥期(さんじょくき)とも呼ばれます。
おおよそ出産から2,3ヶ月の期間です。
しかし、この時期の過ごし方を間違えると、半年、1年とその症状を引きずる事もあります。

実は、あまり前もって知る機会が少ないのですが、この時期の苦しさは例えようのないほどです。
特に、初産のお母さんにとっては、突然やってくるつらさに戸惑い、「誰か教えておいてよ」「こんなの聞いてない」という声も多くあります。

この時期は出産によってすべてのエネルギーを使い果たした後で、免疫力も落ち、ホルモンのバランスも崩れ、精神的にもとても疲れている状態です。
出産で出血もして血が減っている状態でもあるため、とにかく栄養不足の状態になります。
この時に無理をすると、「産後うつ」やノイローゼになって育児や家事にも深刻な影響を及ぼしてしまいます。

最悪のケースでは育児放棄、家事放棄、、、なども考えられるとても不安定な時期なんです。
前もって知っておくことで心の準備をしておきましょう。

肥立ちを悪くしないための過ごし方

産後の栄養不足対策をしっかり行おう
産後は赤ちゃんのお世話などに忙しく、栄養不足になりがちです。
しかし、産後の体調を整えるためには栄養は必要です。
栄養不足を放置しておけば母乳が十分に出ないなどのトラブルに繋がりますし、お母さんの健康上にも問題が出てきます。
また二人目不妊などの問題を引き起こす原因にもなりかねません。
育児のことや二人目のこと、自分自身の健康のことを考えたら、産後の栄養不足対策は重要です。
食事の内容をよく考えて、栄養が不足しないように努力をしましょう。
しかし、産後は思うように動けませんし、育児もあります。
自分のために時間を取ることが難しいため、栄養バランスのとれた食事を摂ろうと思っても難しい場合もあります。
また産後特有の事情もありますので、栄養バランスをとるといっても簡単にはいきません。
ただでさえ大変な育児があるのに、料理に手間をかけるのは無理があります。
無理なく栄養が摂れる工夫をすることも大切です。
ハーブティーや健康食品など、役立つものはたくさんありますので、取り入れやすいものを探して活用しましょう。
青汁なども手軽に取り入れることができて栄養が豊富です。
鉄分、葉酸、食物繊維、カルシウムといった、産後に摂りたい栄養素もたっぷり含まれています。
栄養豊富な青汁ですが、そのまま飲むだけでは飽きてしまいます。
青汁を利用するときには、自分の口に合っていて、アレンジが簡単にできて飽きずに手軽に継続できるものを選ぶとよいです。

必要以上の体力を使わないよう休みを増やす
少し動けるようになった時が大事で、この時に外出をしたりすると疲れがぶり返します。
入浴一つでも、体力を消耗しますので、シャワーだけにする工夫をしましょう。
赤ちゃんの夜泣きで夜眠れない日々と重なりますので、時間が合ったら横になって休みましょう。
とにかく寝ることで回復していきます。

家族の理解、協力を得る
この時期のつらさは男性にはまずわかりません
そのため、家事がおろそかになっていても、理解をしてもらえるよう、産後の肥立ちという状態について予め説明しておきましょう

夫とすれば、仕事をして帰ってきて、食事がない、部屋片付いていない、状態を見ると、時間はたっぷりあるのになにを怠けているんだ、という感情が湧いてきます。

これは、あなたのつらさを理解していないために起こることです。
ここですれ違いが起きると、後々まで信頼関係にひびが入ったり、「離婚」という言葉も出てくるかもしれません。
また、近くにおばあちゃんが住んでいる場合は遠慮なく家事の手伝いをお願いしましょう。

体の変化を早めにケアする

産後は体型も変わります。
骨盤が開いてお尻は大きくなり、皮膚は黒ずみ、乳首は大きくなり、胸のハリも落ちてきます
これを鏡で見たときはショックです。
しかし、これらも元に戻していくことはできます。

骨盤の開き
出産時に開いた骨盤、これは早めの対処が大事です。
骨が無理やり押し広げられた状態ですので、数週間もすればそのまま固定化していきます。
この対処法は、とにかく骨盤ベルトで縮めることです。
整骨院で骨盤矯正を早めに受けるのもおすすめです。

お腹の黒ずみ
赤ちゃんを出産後、お腹周りの黒ずみが目立つことがあります。
こうしたお腹の黒ずみの原因は、妊娠中のお腹が大きかった時に、お腹の皮膚が膨らんだことによって起こるものですから、一時的なものです。

このため、産後の肌ケアによって黒ずみを消すことができますが、やり方によっては黒ずみが治らない場合もありますので、きちんとしたケアをする必要があります。
具体的な黒ずみの消し方は、お腹周りにクリームを塗ってマッサージをすることです。
できれば保湿成分の入ったクリームを使ってお腹をマッサージしましょう。

こうすることで、黒ずんだ肌が代謝されやすくなり、新しい皮膚に生まれ変わることで黒ずみが消えていきます。
これは肌のターンオーバーを促すことに繋がりますので、産後はもちろんのこと、日常的な肌ケアとしても使える方法です。
ですから、適切な肌のケア方法を知っておくことが大切になりますが、肌は乾燥させないことが一番大事ですから、お腹周りにクリームを塗って保湿を心がけることがポイントです。
肌が乾燥するとターンオーバーに支障を来たすだけではなく、衣服などと摩擦が起こりやすくなって肌に対してダメージを与えますから、かえって黒ずんだ部分を悪化させてしまうこともあります。
それを避けるためには、きちんと保湿をしてマッサージすることが大切です。
お風呂上りのきれいな肌状態の時にマッサージをすれば、黒ずみが消えていきますので、毎日続けることが大事です。

産後に乳が垂れる原因と対策
妊娠中から、胸が大きくなっていきます。
これは、授乳するために、女性ホルモンが通常よりも多く分泌されるためです。
サイズが大きくなるばかりか、形も変わっていきます。
母乳を与える前というのは、胸は大きく張っていて、痛いほどです。
赤ちゃんに授乳することで、大きさが小さくなりますが、産後というのは以前よりバストが大きい状態です。

卒乳を迎えると、乳垂れる状況になってしまうのは、赤ちゃんの吸引力で乳首が下向きに引っ張られたり、大きかったバストの脂肪量が通常の状態に戻ることで、皮膚がたるんでしまうからです。

この状況は仕方がないこととして、多くの女性が諦めていますが、対策することで防ぐことができます。
まず、妊娠中や授乳中というのは、バストのサイズが大きくかわる時期ですが、ワイヤーなしのブラジャーをつけて、胸を安定させましょう。
妊娠中から、バスト用のクリームや美容液を使うのも効果的です。
クリームを塗るときには、バストの下から上へとマッサージするようにしましょう。
鎖骨のあたりにはリンパ液が流れているので、さすると老廃物が流れやすくなります。
バストアップのエクササイズとしても有名ですが、左右両方の手のひらを胸の前で合わせて、力を入れて押すような動きをすると、大胸筋をいって胸を支える筋肉を鍛えることができます。

土台となる筋肉がしっかりすることで、垂れることを抑えることができます。
これらのマッサージやエクササイズを毎日続けていくといいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。