産後のダイエットに痩身エステがおすすめな4つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

妊娠中から体重が増えていくのが気になっている方も多いと思います。
気の早い人は妊娠中からダイエットを考える人もいると思いますがこれはもちろん胎児にも良くないので我慢しているでしょう。

そして、出産後は絶対元の体重に戻そうと産後ダイエットを決意している人もいるでしょう。
しかし、普通のダイエットとは違い、産後は育児をしながらであったり、母乳をあげることも考えると健康面や栄養面には気を付ける必要があります。
そこで利用したいのが痩身エステです。
そのワケをご紹介します。

産後こそ痩身エステがおすすめな理由

産後なかなか思うように元の体型に戻らないと悩んでいる方は多いのではないでしょうか。
元通りのスタイルに戻りたいけれど、自分ではどのようにダイエットをすればいいのかわからないと悩んでいるなら痩身エステを活用するようにしましょう。

痩身エステに通うべき理由
・育児に追われて、家ではダイエットの時間が取れない
・体力が落ちている時期なので運動は向いていない
・エステに行くことで気分転換、ストレス発散ができる
短期間で効果が得られる

プロがそれぞれの悩みや体型に合わせて施術を行ってくれるので、満足な効果を無理なく実感することができます。
辛い食事制限や運動などすることがなくきれいを手に入れることができるので安心して活用ができます。
痩身エステを利用すると不要なものを溜め込むことがなくなって痩せやすい体作りを行うことができて、贅肉を溜め込んでしまうことがなくなります。
そして痩身エステは部分痩せも叶えてくれるからとっても便利です。
自分で部分痩せを行おうと思ってもなかなか痩せることは難しいです。
辛い思いをしてまでダイエットを行っていると体調を壊してしまう可能性もあります。
赤ちゃんのお世話もしながら無理なくきれいに痩せたいと思うならプロの相談をすることがベストです。
それぞれの悩みを解消できるようにサポートをしてくれるから安心して任せることができてきれいにしてもらえます。
自分では思うように落とせなかった贅肉をすっきりとさせてくれて、元通りのスタイルも夢ではありません。
ズボンが入らずに困っていた方も着られるようになって笑顔で過ごせるようになります。
痩身エステは自宅でのケア方法などもアドバイスをしてくれるので参考にできて頼りになります。

自力での産後ダイエットが難しい理由

ポイント① 産後すぐは体力が落ちている
出産にはとても体力を使います。
そのため体内はエネルギーを使い果たしてボロボロになっている状態です。
そこに育児が加わるためそれだけでもダイエットどころでないという事も多いと思います。
そのため、産後1,2カ月はダイエットには取り組まないように注意しましょう。
ここで始めてしまうと体力も持ちませんし、精神的にも負担が大きくなる恐れがあります。
体力が戻って生活に余裕が出来てから始めましょう。

ポイント② 栄養を落とさない食事を考える
母乳で子育てをされている方は特に、食事と栄養はしっかりと摂る必要があります。
これはもちろん赤ちゃんのためです。
母乳を上げているとお腹も早くすきますし、のども乾きます。
でもこれは当然のことで、母乳を作るために1日約600kcalが使われるそうです。
ですので、痩せたいから食べたくない、という気持ちも働くかもしれませんが、きちんと基礎代謝を上げれば食べていてもエネルギーは消費されますのでダイエットは可能です。栄養が不足しないように気を付けましょう。

ポイント③ 育児をしながらでは時間があまりとれない
育児が始まると、赤ちゃんは24時間目が離せません。
夜でさえ、夜泣きにおっぱいが続き、寝不足と肉体的、精神的なストレスに襲われる毎日の人もいるでしょう。
そんな時に1時間のエクササイズなんて考える余裕はないですね。
ですので、産後ダイエットではすきま時間でできる運動やストレッチ、サプリなど簡単にできるものから始めましょう。

ポイント④ 過度なエクササイズは悪影響
出産で開いてしまった骨盤が気になる人もいるでしょう。
骨盤が開いている状態で激しい運動をしてしまうとゆがみが元に戻りにくくなります。
ですので、エアロビクス的な運動はせずに、インナーマッスルを鍛えるようなじわっと効いてくるエクササイズをしましょう。
おすすめは仰向けに寝た状態でダンベルを持ち上げたり足を持ち上げる運動です。
これは地味に筋肉を使いますので産後には向いています。

 

参考:WELQ 産後ダイエットのコツ、いつから、どんな方法で?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。