結婚したいけれど出会いがない理由とは

結婚したいけれど出会いがない、これは永遠の悩みですね。
調査会社のランキング調査では、1位は職場、2位は知人の紹介、3位は取引先関係、4位はSNSや出会いアプリ、となっています。

 

職場は多くの人と多くの時間を過ごす場所ですので、自然とお互いを知る機会が生まれます。
知人の紹介の場合は共通の話題などもあって話しやすい間柄からスタートできますね。

 

一方で意外と順位が低いのは合コンや婚活イベントでの出会いです。
知らない人と1から関係を築いていくのはコミュニケーション力が必要ですし、大人数がいる場ではなかなか深い話はしづらい面もあります。

 

このように、一通りの出会いのきっかけにはチャレンジしてみたものの、収穫がなく30代を迎えてしまう人も少なくありません。

 

また、女性の場合は年齢も気になるところですが、第1子の出産を考えると、適齢期は20代後半と言われています。
付き合い始めてから結婚するまで3年〜5年が標準的です。
そう考えると、20代の前半のうちに相手を見つけて後半で結婚する人が増えます。

 

つまり、20代の前半に付き合った相手と結婚しなかった場合、周囲が結婚していくため、20代後半から出会いの機会は大きく減っていきます。
職場でも友人関係でも、相手が減っていくのです。
30代に入ってから新しい出会いを見つけるのもさらに困難になっていくのが現実なのです。

 

では、20代後半からの出会いのきっかけ作りはどのようにすべきでしょうか。


本気で結婚したいならきっかけを作ろう!

職場や知人からの出会いが期待できなくなった場合、おすすめなのは「趣味サークル」に参加することです。
例えば、スポーツをする人は社会人サークルに参加してみたり、登山やキャンプ、バーベキューのサークルも探してみましょう。
地域の掲示板やジモティーなどのサイトで探すとみつかります。
こういったところに積極的に参加して友達を作るつもりでいろんな人と話しましょう。

 

 

また、着目したいのはランキング4位のSNS、出会いアプリです。

 

婚活アプリは、1対1でメッセージをやり取りして会うかどうか決めることができます。
合コンや知人の紹介の場合は、まず会う事が先になりますが、そこでまったく趣味が合わない、話が合わないということもよくあることです。

 

最初にメッセージをやり取りするだけでも相手の雰囲気はなんとなく想像がつきます。
丁寧な人は文章も丁寧ですし、ガサツな人は文章も短かったり、やり取りも続かなかったりします。
これによって時間の効率がよくなるため、多くの人を知るきっかけを作ることができます。

 

性格や趣味などで共通点が見つかった人とはまず合って話をしてみましょう。
共通の話題があることで仲良くなれる可能性が出てきます。

 

このように、20代後半からはたくさんの出会いのきっかけを作ることを意識しましょう。
(女性は無料で利用しやすくなっています。)

 

おすすめなのは「マリッシュ」です。
登録時に身分証明書を確認しているのでサクラや不正なユーザーがいません。
グループ検索で趣味の合う人を探すことができます。
恋活、婚活、再婚、シンママ婚、年の差婚など、あらゆる恋を応援しています。

 

 

 

参考
https://www.tescom-kireilab.jp/girlstopics/3834/
https://www.men-joy.jp/archives/355082
http://www.anniversaire.co.jp/brand/pr/soken1/report09.html